モノを作る会社のコストダウンは宿命付けられている

ウェブサイト制作会社の下請けの現状は制作単価の押さえつけと短納期化で疲弊

SEO事業の資産を持たないウェブ制作会社が、SEO事業をスタートするための方法を紹介します。

ウェブ制作会社は、年々、制作単価の引き下げに苦しめられます。

“モノを作る会社のコストダウンは宿命付けられている” の詳細は »

SEOは検索ガイドラインに従うこととユーザーの要求に応えること

SEOもスパム行為のフィールドに入るのかどうかという議論は倫理的な面に左右されると思う

検索エンジンからのスパム判定は、ウェブマスターとしては絶対に避けなければならないことてあり、また、意図的にスパム行為を画策することも、倫理的な観点からやるべきではないですね。

ところが、意図的にスパム行為はこれからも無くなりはしないものでしょう。

“SEOは検索ガイドラインに従うこととユーザーの要求に応えること” の詳細は »

ユーザーを釣り気味なタイトルで誘うブログのアクセスアップ

節約主婦がSEOについてガッツリとエントリーしているサイトのターゲットとは

無料ブログをくまなく巡ってみると、非常に面白いものです。
SEOの目線を抜きにして、ライティングによる表現力や企画、テーマなどは勉強になりますよ。

ただ、如何わしいものもありますけどね。

“ユーザーを釣り気味なタイトルで誘うブログのアクセスアップ” の詳細は »

陳腐化するSEO情報が多い中で普遍的なものは数個しかないのかも

刻々と変化する検索エンジンを前にしてSEOはそのほとんどの内容が陳腐化に向かっている

SEOセミナーをDVDに収録して二次販売する際に気をつけたいのは、既に内容自体が陳腐化した情報になっていないかどうかですよね。

ご存知のようにSEOは継続性が求められるものですが、この理由としては、変化が絶えず起こるからです。

“陳腐化するSEO情報が多い中で普遍的なものは数個しかないのかも” の詳細は »

ネットビジネスで情報を発信することの意味を考えてみよう

ネットビジネスに欠かせないのは定期的な情報発信ですね

ネットビジネスの姿勢が、売上げに影響することは無いとは言えないものです。

例えば、ブログをビジネスに利用している場合、更新機能が発達しているために、簡単な操作で記事編集が可能となり、ボタンひとつ押せば公開される、優れたツールです。

定期的な更新は、ビジネスと検索エンジンにとって、どういう影響をもたらすのかを考えてみましょう。

“ネットビジネスで情報を発信することの意味を考えてみよう” の詳細は »

リンク方法の再構築がGoogleSEOを制する

Googleのリンク評価に変化を感じたエキスパートの再構築方法とは

SEOに必要なデータとは、どういう項目が挙げられるでしょうか。

一般論を含めて、半分以上は都市伝説的な情報もありますが、YahooのGoogle化によって、ほぼ、まともなデータが取れそうにない項目も出てくるのではないでしょうか。

“リンク方法の再構築がGoogleSEOを制する” の詳細は »

 

スマホ派とケータイ派ではどちらが強い勢力となるか

モバイル市場はスマートフォンと携帯電話の両方を見るべし

スマートフォンのブレイクで、ウェブビジネス支援関連の関係者は、ここは商機とばかりに色めき立っているかもしれません。

しかし、しばらくは携帯市場も伸びは鈍化するでしょうが、スマートフォンにシェアを奪われることは無いと思います。

“スマホ派とケータイ派ではどちらが強い勢力となるか” の詳細は »

SEOレベルを自己申告させることはナンセンス

SEOに取り組む人には、ビギナーからプロまでいますが、セミナーやコンサルティングでは、その人のレベルに応じた内容を提供する必要があります。

ところが、自己申告ほど当てにならないんですよね。

“SEOレベルを自己申告させることはナンセンス” の詳細は »

 

ニーズの高いテーマのウェブサイトはサイト売買の対象にも

ウェブサイトの売買を狙ったコンテンツの制作も狙い目

ブログをしっかり作りこんで、コンテンツを売るというのは、ハードルは高いのでしょうか。

サイトの売買は、企業のM&Aのウェブサイト版と考えると良いです。
ゼロベースから制作する労力等を、ある程度の完成度のウェブサイトを手に入れることで解消します。

“ニーズの高いテーマのウェブサイトはサイト売買の対象にも” の詳細は »

大きな市場に進出する際はリスクヘッジをしておこう

ビジネスは足元から。まずは地元に貢献できることから始めよう。

地域でサービスが競合する会社の数など、市場規模を把握していますか?

スモールビジネスの場合は、まずは地元でのブランディングを確立することが、ビジネスを軌道に乗せる早道ではないでしょうか。

“大きな市場に進出する際はリスクヘッジをしておこう” の詳細は »