Googleはなぜバックリンクデータを公表しないのか

バックリンクデータの使い方を教えてくれた人はいましたか?

バックリンク情報をYahooから上手くデータを引き抜くことが出来ましたでしょうか。

そのデータは何に使いますか?
バックリンクデータの取得を進めた人で、データの使い方を教えてくれる人はいましたか?

“Googleはなぜバックリンクデータを公表しないのか” の詳細は »

マーケットにスター現れるとき成長は急拡大する

スマートフォン市場の成長の波に乗り遅れないために

auの新スマートフォン「IS03」の予約数が25万台を超えるという、爆発的なヒットを予感させるニュースがありますが、スマートフォンもガラパゴス化していくのでしょうか。

続々と国外製の端末も販売され、国内のメーカーはケータイ市場でも人気の「おサイフケータイ」「ワンセグ」の搭載によって差別化を図る戦略の様相です。

“マーケットにスター現れるとき成長は急拡大する” の詳細は »

徐々にGoogleでの上位表示がYahooにも反映される

YahooのGoogle化バケットテストの範囲拡大中か

同一のパソコンにインストール済の3種類のブラウザで、Google化Yahooへの切り替えを見守ってみました。

インターネット上でも情報が出ていましたが、11/17に大きなうねりがありましたよね。
この時期に、Google化Yahooの体験をした方は多いでしょう。

“徐々にGoogleでの上位表示がYahooにも反映される” の詳細は »

現場主義のSEOは誰からも頼りにされる

YahooのGoogleとの提携に関するプレスリリースから一定の方向性は見える

まだご覧になっていない方は、早急に確認をおすすめします。

Yahooが公表している、Googleとの提携契約に関するプレスリリースなのですが、少なくとも一度は目を通しておくと良いですよ。

“現場主義のSEOは誰からも頼りにされる” の詳細は »

SEOのノウハウがクローズドなケースが多い理由

SEOの手法や方法論などのほとんどが社外秘なのは何故か

SEOビジネスの携わっている企業のほとんどは、そのSEO手法は社外秘になっています。

これに不満を抱くクライアントまたは見込み客は、確かにいらっしゃいますが、情報にはオープンすべきものとクローズしておくべきものがあると考えています。

“SEOのノウハウがクローズドなケースが多い理由” の詳細は »

リンク方法の再構築がGoogleSEOを制する

Googleのリンク評価に変化を感じたエキスパートの再構築方法とは

SEOに必要なデータとは、どういう項目が挙げられるでしょうか。

一般論を含めて、半分以上は都市伝説的な情報もありますが、YahooのGoogle化によって、ほぼ、まともなデータが取れそうにない項目も出てくるのではないでしょうか。

“リンク方法の再構築がGoogleSEOを制する” の詳細は »

YSTエンジンYahooからGoogle化Yahooへの変化に際して

YSTエンジンYahoo検索上位がGoogle化Yahoo検索では上位にいないのです

そろそろYahoo検索の変化に気付く、一般検索ユーザーが現れるものと思いますが、外観や使用感は特に違和感を感じないと思います。

が、Google検索を利用しないネットユーザーもいるでしょうから、YahooのGoogle化に関心が高いのは、業界関係者でしょう。

“YSTエンジンYahooからGoogle化Yahooへの変化に際して” の詳細は »

検索アルゴリズムって一体どれほどの数があるのか

未知のプログラム群である検索アルゴリズムについて

よくあるアルゴリズムの数に関する情報ですが、一般的には200という数字が浸透しています。

が、これは氷山の一角であり、数百あるいは数千の中から、特に優先度が高く、検索ランクに影響を与えやすいものが200という意味であるとも、捉えられることもありますね。

“検索アルゴリズムって一体どれほどの数があるのか” の詳細は »

リスティング広告出稿制限対象サイトが採るべき広告戦略とは

トラフィックを稼ぐ方法を複数実行できることは強み

Yahooか提供するリスティング広告では、広告を利用するインターネットユーザー保護の観点から、広告掲載ガイドラインが一部変更となっています。

具体的な内容は、これから見ていきますが、SEOについてはガイドラインは自主規制が基本ですね。

“リスティング広告出稿制限対象サイトが採るべき広告戦略とは” の詳細は »

スマホ派とケータイ派ではどちらが強い勢力となるか

モバイル市場はスマートフォンと携帯電話の両方を見るべし

スマートフォンのブレイクで、ウェブビジネス支援関連の関係者は、ここは商機とばかりに色めき立っているかもしれません。

しかし、しばらくは携帯市場も伸びは鈍化するでしょうが、スマートフォンにシェアを奪われることは無いと思います。

“スマホ派とケータイ派ではどちらが強い勢力となるか” の詳細は »